検索
  • 植田 英樹

第12回:『私にとって、何がいいか?』

最終更新: 2019年5月27日

 歯を抜くと、何らかの方法で「歯を作る」ことになります。すると患者さんは、『入れ歯・ブリッジ・インプラントなら、どれが良いんですか?』と聞かれます。

私は、残念ながらすぐにお答えできません。それは私がその方の『好み』を、まだ知らないからです。


たとえば、マグロのお寿司を注文するとしましょう。「赤身」「中トロ」「大トロ」でいうと、値段的には「大トロ」が一番良いですよね。私は脂っこいもの好きなので「大トロ」を迷わず頼みますが、アッサリ系が好きなKさんは「赤身」を食べたいかも知れません。


つまり『モノの特徴』は説明できても、『その人にとって、どれがいいのか?』は、その方の「好み」「希望」「思い」によって違うので、一概には答えられないのです。


 だから私は『あなたは、どうなりたいのですか?』と逆に質問し、最後にはご自身で選んでもらうようにしています。


次回は『親知らずって、抜くの痛いって聞いたんですけど?』です。



5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第53回:『治療した歯は、どのくらいもつの?』その4

ここでは話をシンプルにするために、神経を抜いた歯にセラミッククラウンを被せる治療(いわゆる『さし歯』)をしたと言う前提で考えています。 「治療した歯がどのくらいもつのか」には、「被せ物」の精度を高めるとともに、プラークコントロールが重要であるということをお伝えしてきました。それでは、100%の歯磨きが出来さえすれば、長持ちすると言い切れるのでしょうか? 「被せ物」自体は人工物ですから、完成したもの

第52回:『治療した歯は、どのくらいもつの?』その3

ここでは話をシンプルにするために、神経を抜いた歯にセラミッククラウンを被せる治療(いわゆる『さし歯』)をしたと言う前提で考えています。 前回までに、「神経を抜いた歯」は虫歯になりやすく、例え「被せ物」をしてあってもその“境い目”からご「自身の歯」が虫歯になる可能性はあるということをお伝えしてきました。「被せ物」の精度を高め、“境い目”を限りなく0に近づけることも大切です。 さて、歯周病に関してはど

第51回:『治療した歯は、どのくらいもつの?』その2

ここでは話をシンプルにするために、神経を抜いた歯にセラミッククラウンを被せる治療(いわゆる『さし歯』)をしたと言う前提で考えて行きます。 たまに、『この歯は被せてあるから、虫歯にならないんでしょ』などとおっしゃる方がおられます。確かに「被せ物自体」は人工物ですから虫歯にはなりませんが、被せられているのはご自身の「歯」なのです。被せてあるとはいえ、「被せ物」と「歯」の“境い目”があります。セラミック