検索
  • 植田 英樹

第22回:『小さなスキマは、フロス(糸ようじ)がオススメ』

最終更新: 2019年5月27日

歯周病が軽度で歯と歯のスキマが大きく開いていない所(歯間ブラシが入りにくい場所)は、フロス(糸ようじ)がオススメ。特に上の前歯などスキマが大きく開いて欲しくない所などは、フロス(糸ようじ)の方がいいでしょう。(ただ、修復治療によって、ブリッジなどの連結冠がかぶさっている所はフロスが通りません。)


その使い方は、歯と歯の間に「パチンッ!」と通し、片っぽの歯の面を「シュコ、シュコ」

反対側の歯の面を「シュコ、シュコ」です。つまり、糸の部分で「こする事」が重要です。

たまに『詰め物、取れませんか?』と心配される方もおられます。フロスで取れる場合、詰め物の問題、あるいは虫歯の再発が考えられますので、むしろそれが分かったほうがいいのです。


次回は『お子様の仕上げ磨きにこそ、フロス(糸ようじ)がオススメ』です。



6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第53回:『治療した歯は、どのくらいもつの?』その4

ここでは話をシンプルにするために、神経を抜いた歯にセラミッククラウンを被せる治療(いわゆる『さし歯』)をしたと言う前提で考えています。 「治療した歯がどのくらいもつのか」には、「被せ物」の精度を高めるとともに、プラークコントロールが重要であるということをお伝えしてきました。それでは、100%の歯磨きが出来さえすれば、長持ちすると言い切れるのでしょうか? 「被せ物」自体は人工物ですから、完成したもの

第52回:『治療した歯は、どのくらいもつの?』その3

ここでは話をシンプルにするために、神経を抜いた歯にセラミッククラウンを被せる治療(いわゆる『さし歯』)をしたと言う前提で考えています。 前回までに、「神経を抜いた歯」は虫歯になりやすく、例え「被せ物」をしてあってもその“境い目”からご「自身の歯」が虫歯になる可能性はあるということをお伝えしてきました。「被せ物」の精度を高め、“境い目”を限りなく0に近づけることも大切です。 さて、歯周病に関してはど

第51回:『治療した歯は、どのくらいもつの?』その2

ここでは話をシンプルにするために、神経を抜いた歯にセラミッククラウンを被せる治療(いわゆる『さし歯』)をしたと言う前提で考えて行きます。 たまに、『この歯は被せてあるから、虫歯にならないんでしょ』などとおっしゃる方がおられます。確かに「被せ物自体」は人工物ですから虫歯にはなりませんが、被せられているのはご自身の「歯」なのです。被せてあるとはいえ、「被せ物」と「歯」の“境い目”があります。セラミック