top of page
検索
  • 執筆者の写真植田 英樹

第21回:『歯間ブラシすると、隙間が開くから良くないの?』

更新日:2019年5月27日


「歯周病って歯ぐきがやせる病気でしょ?」。確かに歯周病がすすむと歯ぐきはやせます。

しかし、実は先に歯を支えている顎の骨(歯槽骨)が溶ける(やせる)のです。

つまり、歯ぐきがやせていても、硬くひきしまっているのであれば、健全な状態と言えるのです。歯間ブラシでしっかり汚れを落とし、それによって歯ぐきをひきしめ、歯周病が改善し、結果的に隙間が開いたのであれば、それはむしろ「あいていなければならない隙間」と言えます。

また、歯周病が改善すると一時的に歯がしみる(知覚過敏)事がありますが、しっかりプラークコントロールすることで徐々に治まってきます。



閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

第174回『日本の医療保険制度について』

日本の国民皆保険は、「いつでも、どこでも必要な医療が受けられる」という優れた制度であり、これは各個人が納める保険料と、税金の一部によって賄(まかな)われています。ところがご存知の通り、日本は現在世界に類を見ない超高齢化社会です。そのため、年々医療・介護費が増大しており、このままでは国民皆保険制度そのものが維持できなくなるという財源的な問題に直面しています。そこで、政府はこれらに対する公費(税金)を

bottom of page