検索
  • 植田 英樹

第8回:「これであなたも『歯磨きマニア』」

最終更新: 2019年5月27日

 当院に通院されるうちに、自ら歯磨きを一生懸命した結果、出血や口臭などの不快症状がなくなり、その上歯磨きをした後の爽快感を実感し、その効果に気づいた方は、こちらが何も言わなくてもピッカピカに歯磨きをして来てくださいます。

その様な方は必ずと言っていいほど、次のようにおっしゃいます。


『歯磨きせんと、気持ち悪くて。磨くとすっきりするし。』


私たちは、そんな方たちに敬意を込めて「ついに『歯磨きマニア』になりましたね」といいます。また、そのような方は、健康観も高まってきているため、自らの健康維持に積極的で、笑顔でいろいろ話してくださいます。


私たちは、そんな『歯磨きマニア』が誕生するのをいつも楽しみにしています。


次回は『何かいい歯磨き粉はありませんか?』です。


7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第53回:『治療した歯は、どのくらいもつの?』その4

ここでは話をシンプルにするために、神経を抜いた歯にセラミッククラウンを被せる治療(いわゆる『さし歯』)をしたと言う前提で考えています。 「治療した歯がどのくらいもつのか」には、「被せ物」の精度を高めるとともに、プラークコントロールが重要であるということをお伝えしてきました。それでは、100%の歯磨きが出来さえすれば、長持ちすると言い切れるのでしょうか? 「被せ物」自体は人工物ですから、完成したもの

第52回:『治療した歯は、どのくらいもつの?』その3

ここでは話をシンプルにするために、神経を抜いた歯にセラミッククラウンを被せる治療(いわゆる『さし歯』)をしたと言う前提で考えています。 前回までに、「神経を抜いた歯」は虫歯になりやすく、例え「被せ物」をしてあってもその“境い目”からご「自身の歯」が虫歯になる可能性はあるということをお伝えしてきました。「被せ物」の精度を高め、“境い目”を限りなく0に近づけることも大切です。 さて、歯周病に関してはど

第51回:『治療した歯は、どのくらいもつの?』その2

ここでは話をシンプルにするために、神経を抜いた歯にセラミッククラウンを被せる治療(いわゆる『さし歯』)をしたと言う前提で考えて行きます。 たまに、『この歯は被せてあるから、虫歯にならないんでしょ』などとおっしゃる方がおられます。確かに「被せ物自体」は人工物ですから虫歯にはなりませんが、被せられているのはご自身の「歯」なのです。被せてあるとはいえ、「被せ物」と「歯」の“境い目”があります。セラミック