検索
  • 植田 英樹

第7回:「なぜ、歯を磨くのですか??その4」(人間行動学編)

最終更新: 2019年5月27日


シリーズでお伝えしてきました「歯磨き」論議ですが、今回で一応最終回です。


日本人の99%以上の人が毎日歯を磨く現在ですが、「本当に上手く磨けている」でしょうか?


前回の応用で細菌学的に言えば、「限りなく無菌的な状態にまで除菌できている」自信はありますか?

こんな風に言うと、「歯磨きのテクニック」「歯磨きの道具」などに目を向けがちですが、そんなことよりも、もっと大切なことがあります。



それは『心がけ』という、いわば人の行動を突き動かす原動力です。


普段考えたこともない『歯磨き』について理屈っぽく考えてまいりましたが、敵(プラーク(歯垢))の存在を知り、目的をもって歯ブラシを手に立ち向かいましょう(笑)。


次回は「これであなたも『歯磨きマニア』」です。


12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第53回:『治療した歯は、どのくらいもつの?』その4

ここでは話をシンプルにするために、神経を抜いた歯にセラミッククラウンを被せる治療(いわゆる『さし歯』)をしたと言う前提で考えています。 「治療した歯がどのくらいもつのか」には、「被せ物」の精度を高めるとともに、プラークコントロールが重要であるということをお伝えしてきました。それでは、100%の歯磨きが出来さえすれば、長持ちすると言い切れるのでしょうか? 「被せ物」自体は人工物ですから、完成したもの

第52回:『治療した歯は、どのくらいもつの?』その3

ここでは話をシンプルにするために、神経を抜いた歯にセラミッククラウンを被せる治療(いわゆる『さし歯』)をしたと言う前提で考えています。 前回までに、「神経を抜いた歯」は虫歯になりやすく、例え「被せ物」をしてあってもその“境い目”からご「自身の歯」が虫歯になる可能性はあるということをお伝えしてきました。「被せ物」の精度を高め、“境い目”を限りなく0に近づけることも大切です。 さて、歯周病に関してはど

第51回:『治療した歯は、どのくらいもつの?』その2

ここでは話をシンプルにするために、神経を抜いた歯にセラミッククラウンを被せる治療(いわゆる『さし歯』)をしたと言う前提で考えて行きます。 たまに、『この歯は被せてあるから、虫歯にならないんでしょ』などとおっしゃる方がおられます。確かに「被せ物自体」は人工物ですから虫歯にはなりませんが、被せられているのはご自身の「歯」なのです。被せてあるとはいえ、「被せ物」と「歯」の“境い目”があります。セラミック