top of page
検索
  • 執筆者の写真植田 英樹

第1回:QOLとは?

更新日:2019年5月27日


 

QOLとはQuality of life(クオリティー・オブ・ライフ)の略で、『生活の質』と訳されています。特に、近年の医療の目標の1つです。


つまり、単に「病気を治す」ことだけがゴールではなく、その人が「より豊かで困りごとのない毎日を過ごせる」ようにサポートすることが重要視されるようになってきました。

特に終末期医療では、生存期間を延ばすばかりではなく、痛みを和らげたり、自宅療養での人としての毎日の生活のほうを重んじる場合もあります。QOLは、人によってさまざまです。

たとえば、


・「見た目をきれいにしたい」

・「大きい口を開けて歌いたい」

・「旅行に行っておいしいものを食べるのが楽しみ」

・「通うことが出来ないので歯を抜いてほしい」などなど。


治療法にはいくつかの選択肢がありますが、そのどれを選ぶかは、その患者さんのQOLにとって何が適切かを相談し、最後は患者さん自身で決めることが大切です。



閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

第174回『日本の医療保険制度について』

日本の国民皆保険は、「いつでも、どこでも必要な医療が受けられる」という優れた制度であり、これは各個人が納める保険料と、税金の一部によって賄(まかな)われています。ところがご存知の通り、日本は現在世界に類を見ない超高齢化社会です。そのため、年々医療・介護費が増大しており、このままでは国民皆保険制度そのものが維持できなくなるという財源的な問題に直面しています。そこで、政府はこれらに対する公費(税金)を

bottom of page