検索
  • 植田 英樹

第48回:『問題:予防=X+Y』

さて、問題です。上の式のX,Yは、何でしょうか?これまでのお話をお読みいただいた方なら、もうお分かりだと思います。そうです。ホームケアプロフェッショナルケアですね。ホームケアとは、歯磨き、禁煙、正しい食生活などの「ご自身でできる、毎日のより良い生活習慣」と言えます。また、プロフェッショナルケアとは、歯石除去、PMTC、フッ素塗布などの「プロ(歯科衛生士)が行う、定期的なバイオフィルムの除去」がメインになります。

このXとYは、どちらも快適な毎日を送るうえで大切なことですね


次回は『先生!このさし歯は、一生持ちますか?』です。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第53回:『治療した歯は、どのくらいもつの?』その4

ここでは話をシンプルにするために、神経を抜いた歯にセラミッククラウンを被せる治療(いわゆる『さし歯』)をしたと言う前提で考えています。 「治療した歯がどのくらいもつのか」には、「被せ物」の精度を高めるとともに、プラークコントロールが重要であるということをお伝えしてきました。それでは、100%の歯磨きが出来さえすれば、長持ちすると言い切れるのでしょうか? 「被せ物」自体は人工物ですから、完成したもの

第52回:『治療した歯は、どのくらいもつの?』その3

ここでは話をシンプルにするために、神経を抜いた歯にセラミッククラウンを被せる治療(いわゆる『さし歯』)をしたと言う前提で考えています。 前回までに、「神経を抜いた歯」は虫歯になりやすく、例え「被せ物」をしてあってもその“境い目”からご「自身の歯」が虫歯になる可能性はあるということをお伝えしてきました。「被せ物」の精度を高め、“境い目”を限りなく0に近づけることも大切です。 さて、歯周病に関してはど

第51回:『治療した歯は、どのくらいもつの?』その2

ここでは話をシンプルにするために、神経を抜いた歯にセラミッククラウンを被せる治療(いわゆる『さし歯』)をしたと言う前提で考えて行きます。 たまに、『この歯は被せてあるから、虫歯にならないんでしょ』などとおっしゃる方がおられます。確かに「被せ物自体」は人工物ですから虫歯にはなりませんが、被せられているのはご自身の「歯」なのです。被せてあるとはいえ、「被せ物」と「歯」の“境い目”があります。セラミック