top of page
検索
  • 執筆者の写真植田 英樹

第108回:歯医者が嫌いな理由:その4『キーンていう音が嫌だ』


『キーンていう音』は、歯を削るタービンの音です。ただあの音は、歯の神経に触るような、突き刺さるような鋭い痛みを連想させますね。たとえ神経を抜いてある歯(失活歯)であっても、そう思ってしまいます。実際は、神経が生きている歯の場合は、予め麻酔をしてから治療しますので痛くはないのですが。


タービンの代わりに5倍速マイクロモーターという器具で歯を削ることもあります。また、「レーザーで歯を削る」なんてこともありますが、ごくごく少量の削除の場合しか使えません。歯医者としてはBGMを流したり工夫はしていますが、あの音を完全に消すことはできません。それでも、なるべく歯を削ることが無いように、予防をベースにした歯科医院をこれからも目指していきたいと思います。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

第174回『日本の医療保険制度について』

日本の国民皆保険は、「いつでも、どこでも必要な医療が受けられる」という優れた制度であり、これは各個人が納める保険料と、税金の一部によって賄(まかな)われています。ところがご存知の通り、日本は現在世界に類を見ない超高齢化社会です。そのため、年々医療・介護費が増大しており、このままでは国民皆保険制度そのものが維持できなくなるという財源的な問題に直面しています。そこで、政府はこれらに対する公費(税金)を

bottom of page