検索
  • 植田 英樹

第2回:『先生にお任せします』の間違い(皆様 ご注意!)

最終更新: 2019年5月27日

 

たまに、遠慮ぎみに『私、素人やからわかれへんから、先生にお任せします』と、おっしゃる方がおられます。でも、本当にそれでいいのでしょうか?


 たとえば初めての美容室に行ったとします。「ご希望の髪形は?」と聞かれ「お任せします」と答えるでしょうか?「ちょっとそろえる程度」と思っていたロングヘアのあなたが、ばっさりカットされてしまったら「こんなはずではなかったのに」と思うことでしょう。

髪のカットの仕方や染め方などを知らないのと同じように、歯の治療の技術や方法を知らなかったり解りにくかったりするのは当然です。


 でも、少なくとも「私はこうなりたい」ということは伝えましょう。そして解らない事があれば質問してください。健康を取り戻しQOLを高めるのは、あなた自身なのですから。


次回は『痛くなったら抜いてもらいます』の間違い(皆様 ご注意!)です。


14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第53回:『治療した歯は、どのくらいもつの?』その4

ここでは話をシンプルにするために、神経を抜いた歯にセラミッククラウンを被せる治療(いわゆる『さし歯』)をしたと言う前提で考えています。 「治療した歯がどのくらいもつのか」には、「被せ物」の精度を高めるとともに、プラークコントロールが重要であるということをお伝えしてきました。それでは、100%の歯磨きが出来さえすれば、長持ちすると言い切れるのでしょうか? 「被せ物」自体は人工物ですから、完成したもの

第52回:『治療した歯は、どのくらいもつの?』その3

ここでは話をシンプルにするために、神経を抜いた歯にセラミッククラウンを被せる治療(いわゆる『さし歯』)をしたと言う前提で考えています。 前回までに、「神経を抜いた歯」は虫歯になりやすく、例え「被せ物」をしてあってもその“境い目”からご「自身の歯」が虫歯になる可能性はあるということをお伝えしてきました。「被せ物」の精度を高め、“境い目”を限りなく0に近づけることも大切です。 さて、歯周病に関してはど

第51回:『治療した歯は、どのくらいもつの?』その2

ここでは話をシンプルにするために、神経を抜いた歯にセラミッククラウンを被せる治療(いわゆる『さし歯』)をしたと言う前提で考えて行きます。 たまに、『この歯は被せてあるから、虫歯にならないんでしょ』などとおっしゃる方がおられます。確かに「被せ物自体」は人工物ですから虫歯にはなりませんが、被せられているのはご自身の「歯」なのです。被せてあるとはいえ、「被せ物」と「歯」の“境い目”があります。セラミック