検索
  • 植田 英樹

第96回:『審美歯科』って?その5 『ラミネートべニア』

歯の表面を0.5mm前後削って、そこにセラミックスで作られた薄いシェルを接着する方法です。色や明るさはもちろん、ある程度形を整えることも可能です。歯そのものの削除量が少ないので、従来のかぶせものに比較すると保存的な審美修復治療と言えます。


ただし、かみ合わせの状態や、激しい歯軋りなどによっては破損しやすいので、そのようなケースではかぶせものが適応になります。また、比較的健全な歯に対する治療であり、すでに大きな詰め物がされている場合は、適応外になります。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示