top of page
検索
  • 執筆者の写真植田 英樹

第83回『詰め物をしたところがしみるんですけど、虫歯残ってるの?』

虫歯の治療で歯型をとり、詰め物(インレー)をつけると、しばらくは冷たいものがしみたりします。虫歯になっていた軟らかい部分を削り取り、そこを金属でおきかえると、金属は熱の伝わりが早いのでしみる訳です。


特に虫歯が深く神経ぎりぎりの場合は、その傾向が強くなりますが、虫歯が残っているのではありません。通常は1か月程で2次象牙質というものが作られるので、だんだんしみなくなってきますが、ケースによっては、痛みが続き歯髄炎を起こしてしまい神経を抜かなければならないこともあります。


『しみたり痛くなるのは嫌なので、神経を抜いて!』という方もおられますが、歯の神経はなるべく生かしたままのほうが歯は長持ちするので、できれば神経は抜かないようにしたいと考えています。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

第174回『日本の医療保険制度について』

日本の国民皆保険は、「いつでも、どこでも必要な医療が受けられる」という優れた制度であり、これは各個人が納める保険料と、税金の一部によって賄(まかな)われています。ところがご存知の通り、日本は現在世界に類を見ない超高齢化社会です。そのため、年々医療・介護費が増大しており、このままでは国民皆保険制度そのものが維持できなくなるという財源的な問題に直面しています。そこで、政府はこれらに対する公費(税金)を

bottom of page