top of page
検索
  • 執筆者の写真植田 英樹

第61回:『歯科衛生士さんのお仕事 その5』

歯茎の中に隠れていて見えない歯石を『歯肉縁下歯石』と言います。これは、歯の根の表面に強く付着しています。歯科衛生士さんは、この『歯肉縁下歯石』を自分専用のキュレットスケーラーという器具で1本ずつ丁寧に除去していきます。歯根にカンナをかけるようなイメージでしょうか。根気がいりますし、非常に時間がかかる治療です。通常、1回30~45分の治療時間で4~5回かかります(1回でできる歯石除去は5~7本位なので)。使用後のキュレットスケーラーは滅菌消毒し、専用の砥石で磨きます。これも歯科衛生士さんの仕事です。大工さんが使うノミやカンナと同じですね。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

第174回『日本の医療保険制度について』

日本の国民皆保険は、「いつでも、どこでも必要な医療が受けられる」という優れた制度であり、これは各個人が納める保険料と、税金の一部によって賄(まかな)われています。ところがご存知の通り、日本は現在世界に類を見ない超高齢化社会です。そのため、年々医療・介護費が増大しており、このままでは国民皆保険制度そのものが維持できなくなるという財源的な問題に直面しています。そこで、政府はこれらに対する公費(税金)を

bottom of page