検索
  • 植田 英樹

第60回:『歯科衛生士さんのお仕事 その4』

歯科衛生士さんのお仕事「歯周初期治療」の中の「歯石除去」は重要です。「歯石」といっても、比較的柔らかい「バイオフィルム」のようなものから、黒い岩のようなガチガチに硬いものまで様々です。また、眼で見て見える『歯肉縁上歯石』と、歯茎の中に隠れていて見えない『歯肉縁下歯石』があります。歯周病が進行しているケースでは、特にこの『歯肉縁下歯石』の除去がポイントになります。

まずは、歯みがきをきれいにしてもらってから、『歯肉縁上歯石』を除去していきます。主に水の出る機械(超音波スケーラー)を使い、1~2回で行う歯の大まかなお掃除です。これにより、大きな汚れが取れるので歯磨きがしやすくなり、歯ぐきもある程度引き締まります。『歯肉縁下歯石』の除去については次回お話します。

1回の閲覧0件のコメント