検索
  • 植田 英樹

第52回:『治療した歯は、どのくらいもつの?』その3

ここでは話をシンプルにするために、神経を抜いた歯にセラミッククラウンを被せる治療(いわゆる『さし歯』)をしたと言う前提で考えています。

前回までに、「神経を抜いた歯」は虫歯になりやすく、例え「被せ物」をしてあってもその“境い目”からご「自身の歯」が虫歯になる可能性はあるということをお伝えしてきました。「被せ物」の精度を高め、“境い目”を限りなく0に近づけることも大切です。

さて、歯周病に関してはどうでしょうか?虫歯も歯周病も、口の中の「細菌」が原因ですので、『治療した歯』は、天然歯よりむしろ歯周病になるリスクが高いと言えるかもしれません。やはり、プラークコントロールが重要となのです。

次回も「『治療した歯は、どのくらいもつの?』その4」です。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第56回:『ご自身のお口の中を見てみよう』

歯の治療での不満のひとつに「何をされているか分からない」「いつまでかかるの?」などがあります。ご自分の口の中は直接見ることができないので、無理もないかもしれません。私たちは、まずはあなたのお口の状態をあなた自身に知っていただくことが大切だと考えています。そのため、初診時にできるだけレントゲンや口腔内写真などの資料取りをした上で、次回に説明の時間を設けるようにしています。 現状を把握し、目指すべきゴ

第55回:『説明もなしに削られた?』

歯医者を変えた理由のひとつに、こんなことをおっしゃる方もおられます。おそらく、その先生も「虫歯をとっておきますね」だとか「被せますね」など、何らかの説明はされて入ると思います(いまどき無言で歯を削る歯医者はいないはずです)。でも、『説明なしに・・・』と感じるのです。それはおそらく「納得がいかないうちに治療がすすんでしまった」からではないでしょうか?歯医者は歯を近くで見ながらしゃべってしまうので、「