検索
  • 植田 英樹

第50回:「抜歯した歯は、どのくらい持つの?」その1

話をシンプルにするために、ここでは1本の歯の神経を抜いて、その歯にセラミッククラウンを被せる治療(いわゆる「さし歯」)をしたという前提で考えていきます。

そもそも、神経を抜く(=抜歯)という治療は「生きている歯」を「死んでいる歯」に変えてしまう様な治療です。例えるなら、「葉っぱを茂らせている木」を、「伐採し製材し材木にする」様なものです。「生きている樹木」なら、雨が降ろうが腐りにくいでしょうが、「材木」ならやはり弱いでしょう。同じように「神経を抜いた歯」は、虫歯になりやすかったり、時には縦に割れてしまったりもします。こう言うと「歯の神経を抜くのは

良くない」と思われますが、「歯を残す」ためにはこの治療(=抜髄)がどうしても必要な場合も多いのです。

次回も「治療した歯は、どのくらい持つの?」その2です。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第53回:『治療した歯は、どのくらいもつの?』その4

ここでは話をシンプルにするために、神経を抜いた歯にセラミッククラウンを被せる治療(いわゆる『さし歯』)をしたと言う前提で考えています。 「治療した歯がどのくらいもつのか」には、「被せ物」の精度を高めるとともに、プラークコントロールが重要であるということをお伝えしてきました。それでは、100%の歯磨きが出来さえすれば、長持ちすると言い切れるのでしょうか? 「被せ物」自体は人工物ですから、完成したもの

第52回:『治療した歯は、どのくらいもつの?』その3

ここでは話をシンプルにするために、神経を抜いた歯にセラミッククラウンを被せる治療(いわゆる『さし歯』)をしたと言う前提で考えています。 前回までに、「神経を抜いた歯」は虫歯になりやすく、例え「被せ物」をしてあってもその“境い目”からご「自身の歯」が虫歯になる可能性はあるということをお伝えしてきました。「被せ物」の精度を高め、“境い目”を限りなく0に近づけることも大切です。 さて、歯周病に関してはど

第51回:『治療した歯は、どのくらいもつの?』その2

ここでは話をシンプルにするために、神経を抜いた歯にセラミッククラウンを被せる治療(いわゆる『さし歯』)をしたと言う前提で考えて行きます。 たまに、『この歯は被せてあるから、虫歯にならないんでしょ』などとおっしゃる方がおられます。確かに「被せ物自体」は人工物ですから虫歯にはなりませんが、被せられているのはご自身の「歯」なのです。被せてあるとはいえ、「被せ物」と「歯」の“境い目”があります。セラミック