検索
  • 植田 英樹

第50回:「抜歯した歯は、どのくらい持つの?」その1

話をシンプルにするために、ここでは1本の歯の神経を抜いて、その歯にセラミッククラウンを被せる治療(いわゆる「さし歯」)をしたという前提で考えていきます。

そもそも、神経を抜く(=抜歯)という治療は「生きている歯」を「死んでいる歯」に変えてしまう様な治療です。例えるなら、「葉っぱを茂らせている木」を、「伐採し製材し材木にする」様なものです。「生きている樹木」なら、雨が降ろうが腐りにくいでしょうが、「材木」ならやはり弱いでしょう。同じように「神経を抜いた歯」は、虫歯になりやすかったり、時には縦に割れてしまったりもします。こう言うと「歯の神経を抜くのは

良くない」と思われますが、「歯を残す」ためにはこの治療(=抜髄)がどうしても必要な場合も多いのです。

次回も「治療した歯は、どのくらい持つの?」その2です。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第62回:『歯科衛生士さんのお仕事 その6』

歯茎の中に隠れていて見えない歯石(=『歯肉縁下歯石』)を除去すると、歯茎はいったん傷つきますが、その後引きしまってきます。その時点で歯茎の検査を行い、改善度合いを確認します。歯周病が重症なケースでは、再度の歯石除去や歯周外科手術が必要な場合もあります。しかし歯周病で重要なことは、実はその後の『メインテナンス』なのです。せっかく頑張って歯周治療をしても、それで「治った!!」と思って放置すればすぐに再

第61回:『歯科衛生士さんのお仕事 その5』

歯茎の中に隠れていて見えない歯石を『歯肉縁下歯石』と言います。これは、歯の根の表面に強く付着しています。歯科衛生士さんは、この『歯肉縁下歯石』を自分専用のキュレットスケーラーという器具で1本ずつ丁寧に除去していきます。歯根にカンナをかけるようなイメージでしょうか。根気がいりますし、非常に時間がかかる治療です。通常、1回30~45分の治療時間で4~5回かかります(1回でできる歯石除去は5~7本位なの

第60回:『歯科衛生士さんのお仕事 その4』

歯科衛生士さんのお仕事「歯周初期治療」の中の「歯石除去」は重要です。「歯石」といっても、比較的柔らかい「バイオフィルム」のようなものから、黒い岩のようなガチガチに硬いものまで様々です。また、眼で見て見える『歯肉縁上歯石』と、歯茎の中に隠れていて見えない『歯肉縁下歯石』があります。歯周病が進行しているケースでは、特にこの『歯肉縁下歯石』の除去がポイントになります。 まずは、歯みがきをきれいにしてもら