検索
  • 植田 英樹

第47回:『パーソナル予防メニュー』

ご自身のお口の中の『リスク部位(汚れがたまりそうな部分)』を把握することが、『予防』の始まりです。一般的な『リスク部位』は「歯と歯の間」や「歯の生え際」と言われています。ただし「歯と歯の間」と言っても、『リスク』自体は人によって様々です。例えば、受験生などで間食が多かったり生活が不規則な場合、「歯と歯の間」からの『虫歯』に要注意。この場合は「糸ようじ」「フッ素入り歯磨き」「食事改善」が予防のメインになります。

また例えば、タバコを吸う人で歯茎がやせて隙間がある方の場合、「歯と歯の間」からの『歯周病』に要注意。隙間が開いているので「歯間ブラシ」をメインに「歯周病用洗口剤」の使用や「禁煙」などが重要になります。このように人によって状況は様々なので、あなたに合った『パーソナル予防メニュー』が必要になります。

次回は、『問題:予防=X+Y』です。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第62回:『歯科衛生士さんのお仕事 その6』

歯茎の中に隠れていて見えない歯石(=『歯肉縁下歯石』)を除去すると、歯茎はいったん傷つきますが、その後引きしまってきます。その時点で歯茎の検査を行い、改善度合いを確認します。歯周病が重症なケースでは、再度の歯石除去や歯周外科手術が必要な場合もあります。しかし歯周病で重要なことは、実はその後の『メインテナンス』なのです。せっかく頑張って歯周治療をしても、それで「治った!!」と思って放置すればすぐに再

第61回:『歯科衛生士さんのお仕事 その5』

歯茎の中に隠れていて見えない歯石を『歯肉縁下歯石』と言います。これは、歯の根の表面に強く付着しています。歯科衛生士さんは、この『歯肉縁下歯石』を自分専用のキュレットスケーラーという器具で1本ずつ丁寧に除去していきます。歯根にカンナをかけるようなイメージでしょうか。根気がいりますし、非常に時間がかかる治療です。通常、1回30~45分の治療時間で4~5回かかります(1回でできる歯石除去は5~7本位なの

第60回:『歯科衛生士さんのお仕事 その4』

歯科衛生士さんのお仕事「歯周初期治療」の中の「歯石除去」は重要です。「歯石」といっても、比較的柔らかい「バイオフィルム」のようなものから、黒い岩のようなガチガチに硬いものまで様々です。また、眼で見て見える『歯肉縁上歯石』と、歯茎の中に隠れていて見えない『歯肉縁下歯石』があります。歯周病が進行しているケースでは、特にこの『歯肉縁下歯石』の除去がポイントになります。 まずは、歯みがきをきれいにしてもら