top of page
検索
  • 執筆者の写真植田 英樹

第184回『残存歯のメインテナンス(その5)』 

健全なお口の状態は、生活の質(=QOL)に直結します。年齢を重ねても、多くの残存歯があることはとても素晴らしいこと。 

けれども体調を崩し、ご自身でのケアが難しくなると、『口腔ケア』も介助が必要になります。それは、肺炎予防の観点からも重要なことです。 

介護の現場からは、「総入歯なら外して洗えるから、介助しやすい」ということも、よく聞かれることです。確かに複雑な修復処置がされていたり、点在する残存歯などは、返って口腔ケアを難しくすることもあります。歯科治療においても、年齢や健康状態に応じた治療計画が大切なのかもしれません。予後不良な歯の抜歯なども、患者さんにとっては気の進まないことだと思いますが、先を見据えた決断も必要なことなのです。 

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page