top of page
検索
  • 執筆者の写真植田 英樹

第173回『日本の歯科治療費は極端に安い(その3)』

日本では保険制度のおかげで、歯科治療が安く受けられます。ところが、ここに落とし穴があるのです。

つまり「歯が悪くなってから治療」しても、借金するほどの大きな負担にはなりません。そのため、重症化するまで放置したり、そもそも定期健診を受けるライフスタイルが根づいていません。また、「保険で受けられる治療」が標準として考えられることが多く、最良の治療が行われているとは言えません。治療法や材料が予め決められているからです。

それに対し、治療費の負担が大きい他国では、「歯が悪くならないように予防」する習慣ができています。また、治療が必要になった場合、保険制度に縛られることなく最善の方法を選択することで、長期的に健康が維持できます。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page