top of page
検索
  • 執筆者の写真植田 英樹

第169回『なぜ歯医者の治療は何回もかかるの?(その2)』

歯の治療が何回もかかる理由は、歯科の処置の大半が「外科と修復」だからです。

「歯を抜く」「歯の神経を抜く」「歯石をとる」というは外科処置ですし、

「詰める」「被せる」「入れ歯を作る」というのは修復処置です。

外科処置の後はその傷が治るまで一定の治癒期間が必要ですし、修復処置は型どりなどの工程があり、技工士さんが作る期間も必要です。なので、治療箇所が多いと回数がかかるのです。

歯科治療の工程は建築工事と似ていますので、対比させて見ていくと分かりやすいです。そのあたりは次回お伝えしていきます。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commenti


bottom of page