top of page
検索
  • 執筆者の写真植田 英樹

第168回『なぜ歯医者の治療は何回もかかるの?(その1)』


「歯医者はちょっとずつ治療するから、治療に回数がかかる。」という話をよく耳にします。中には「何回も通わせて、金儲けしてんちゃうか?」などとおっしゃる方もおられます(笑)。

私自身、なるべく「濃い診療」を心がけ、ケースによっては長い時間枠を確保するなど、きるだけ治療回数を減らす努力はしております。ところが、そうすると当然窓口の負担額は高くなり、「歯医者は高い」とか言われたりもします(どないやねん!(笑))。

(日本の歯科治療費は、極端に安いんですけどね。そのあたりは後日。。。)

小さな虫歯1箇所だけで、他に虫歯もなく歯みがきも丁寧にされていて歯茎の状態も良いというケースなら、治療も1~2回で終わりです。

けれども、治療する箇所が多かったり重症なケースだと、確かに回数や期間がかかります。

次回に続きます。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

第174回『日本の医療保険制度について』

日本の国民皆保険は、「いつでも、どこでも必要な医療が受けられる」という優れた制度であり、これは各個人が納める保険料と、税金の一部によって賄(まかな)われています。ところがご存知の通り、日本は現在世界に類を見ない超高齢化社会です。そのため、年々医療・介護費が増大しており、このままでは国民皆保険制度そのものが維持できなくなるという財源的な問題に直面しています。そこで、政府はこれらに対する公費(税金)を

bottom of page