top of page
検索
  • 執筆者の写真植田 英樹

第161回『Lonjevity(=長持ち)その9』

回も「力のコントロール」について、お伝えしてまいります(その2)。

歯にとって問題になる様な強い「咬む力」とは?それは、むしろ物を食べたりしていないときに起こります。例えば、「重い荷物を運ぶ」「細かい作業を集中して行う」「イライラする事が続いている」などなど、日中のあらゆるシーンで歯と歯を咬み合わせてはいませんか?無意識のうちに歯と歯を接触させている習慣のことをTCH(=Tooth Contact Habit)と言います。これは何も強く噛みしめているだけではありません。貧乏ゆすりのように「カチカチ」言わす場合もあれば、ゆるーーい力で長い時間接触させている場合もあります。この持続的に歯どうしを当てているというのが、歯や歯周組織にとってダメージとなることが多いのです。どれだけ固いものを食べたとしても、歯と歯が当たるのなんて一瞬ですよね?そして、TCH以外にもう一つ悪影響を及ぼす「咬む力」があります。続きは次回。。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

第174回『日本の医療保険制度について』

日本の国民皆保険は、「いつでも、どこでも必要な医療が受けられる」という優れた制度であり、これは各個人が納める保険料と、税金の一部によって賄(まかな)われています。ところがご存知の通り、日本は現在世界に類を見ない超高齢化社会です。そのため、年々医療・介護費が増大しており、このままでは国民皆保険制度そのものが維持できなくなるという財源的な問題に直面しています。そこで、政府はこれらに対する公費(税金)を

bottom of page