top of page
検索
  • 執筆者の写真植田 英樹

第160回『Lonjevity(=長持ち)その8』

今回は「力のコントロール」について、お伝えしてまいります(その1)。

咬む力(=咬合力)は、握力と同じで個人差があります。ただ、咬む力が強い人はおおよそ骨格で決まります。つまり下顎角が90度に近い(えらが張っている)タイプの人は、咀嚼筋(特に咬筋)が上下まっすぐに付いているので、咬合力が強いです。例え小顔の女性でも、咬合力が強い人は前述のような骨格の方が多いです。

咬む力と言うと、ついつい食べる時の事を連想するかもしれません。確かに、固いものを食べるときは強い力で咬みますが、「毎食スルメを食べまくる」のでなければ、それほど問題にはなりません。では、どういう時の「咬む力」が問題なのか?続きは次回。。。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

第174回『日本の医療保険制度について』

日本の国民皆保険は、「いつでも、どこでも必要な医療が受けられる」という優れた制度であり、これは各個人が納める保険料と、税金の一部によって賄(まかな)われています。ところがご存知の通り、日本は現在世界に類を見ない超高齢化社会です。そのため、年々医療・介護費が増大しており、このままでは国民皆保険制度そのものが維持できなくなるという財源的な問題に直面しています。そこで、政府はこれらに対する公費(税金)を

bottom of page