top of page
検索
  • 執筆者の写真植田 英樹

第146回:『糖質制限って?その2』

糖質は局所的には、『虫歯菌や歯周病菌の栄養分になる』と言うようなことは、ご存知かと

思います。

一方、全身的な影響はどうでしょうか?糖質(特に精製された砂糖を含む食品や飲料水)

をとりこむことで、血中の血糖値は急激に上昇します。これに対し、体はインシュリンを

大量に出して、血糖値を急激に下げようとします。そして今度は下がりすぎた血糖値をあ

げるように体は反応します。この血糖値の乱高下によって、異常に興奮状態になったり、

イライラしたり、また逆に眠たくなったりと、さまざまな影響を及ぼします。寝る前に糖

質を摂って、眠くなるのはいいかもしれませんが、その後の血糖値の乱高下は、睡眠中の

ブラキシズム(歯軋り・食いしばり)の原因のひとつにもなるようです。

また、糖質の摂り過ぎは唾液をネバネバさせます。そのことで、虫歯・歯周病のリスクは

さらに上がるのです。

ゆえに、健全な口腔内環境のためには、やはり糖質はある程度制限した方がいいと言えま

す。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

第174回『日本の医療保険制度について』

日本の国民皆保険は、「いつでも、どこでも必要な医療が受けられる」という優れた制度であり、これは各個人が納める保険料と、税金の一部によって賄(まかな)われています。ところがご存知の通り、日本は現在世界に類を見ない超高齢化社会です。そのため、年々医療・介護費が増大しており、このままでは国民皆保険制度そのものが維持できなくなるという財源的な問題に直面しています。そこで、政府はこれらに対する公費(税金)を

bottom of page