検索
  • 植田 英樹

第107回:歯医者が嫌いな理由:その3『治療の回数がかかる』

修復処置の場合、C1やC2ならば1~2回程度の治療で終わりですが、C3(神経までいっている虫歯)では、3~5回くらいかかります。治療箇所が多くなれば、さらに回数が増えます。治療回数を少なくするには、1回あたりの治療時間を長くとり一度に多くの歯の治療をすればいいのですが、結構しんどい上に負担金額もかかります。また歯周病の場合、根の深くまで歯石がついていたりすると、一度に4~7本の歯石取りしかできませんので、全顎的な治療になると回数がかかります。


では、どうすれば治療が簡単に終わるのか?それは『重症化させない』ことです。つまり、少しでもおかしいところがあればなるべく早く歯科を受診すること。

それよりも、普段から定期的に健診とクリーニングを受け、『悪くならないように』維持することが最も重要です。

閲覧数:4回0件のコメント