top of page
検索
  • 執筆者の写真植田 英樹

第103回:『金属アレルギー』

金属アレルギーの方は、身に着けるものだけでなく歯科治療においても制約があります。と言いますのも、歯科の修復治療では様々な合金が使われることが多いからです。特に健康保険では使用できる材料が決められています。


そのため、全て健康保険だけではまかなえません。自由診療でも、数年前まではメタルセラミックスといって、金属の上にセラミックスを焼き付けたものが一般的でした。最近ではその金属の代わりにジルコニアという素材が使えるケースも増えてきており、全く金属を使わない修復も可能になりつつあります。金属を使わないので金属アレルギーの心配がなく、また審美性にも優れているので理想的です。自由診療ですので、治療費はやや高額になります。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

第174回『日本の医療保険制度について』

日本の国民皆保険は、「いつでも、どこでも必要な医療が受けられる」という優れた制度であり、これは各個人が納める保険料と、税金の一部によって賄(まかな)われています。ところがご存知の通り、日本は現在世界に類を見ない超高齢化社会です。そのため、年々医療・介護費が増大しており、このままでは国民皆保険制度そのものが維持できなくなるという財源的な問題に直面しています。そこで、政府はこれらに対する公費(税金)を

bottom of page