top of page
検索
  • 執筆者の写真植田 英樹

第101回:『ノンクラスプデンチャー』

「部分入歯」は、成人の4人に1人が使用しているといわれています。この部分入歯は、違和感があるということで敬遠されることもあります。また、残っている歯に金属のバネをひっかけて装着するので、見た目を機にされる方もおられます。


そのばねの代わりに入歯のピンク色の部分で代用したものが『ノンクラスプデンチャー』です。金属のバネがないので審美的ですし、違和感もありません。特殊な材料ですので、その特性などは従来の義歯とは異なりますし、自由診療になります。詳しいことは担当の歯科医師にご相談ください。


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

第174回『日本の医療保険制度について』

日本の国民皆保険は、「いつでも、どこでも必要な医療が受けられる」という優れた制度であり、これは各個人が納める保険料と、税金の一部によって賄(まかな)われています。ところがご存知の通り、日本は現在世界に類を見ない超高齢化社会です。そのため、年々医療・介護費が増大しており、このままでは国民皆保険制度そのものが維持できなくなるという財源的な問題に直面しています。そこで、政府はこれらに対する公費(税金)を

bottom of page