top of page
検索
  • 執筆者の写真植田 英樹

第 144 回:『健診の必要性』

「けんしん」と言えば、総合的な健康診断と言う意味での『健診』と、虫歯・歯周病など 特定の病気かどうかの診察と言う意味での『検診』があります。私たちは、「定期的にお口 全体の健康を、一緒に守り育んでいく」と言う意味で、『定期健診』という言葉をあえて使 っています。具体的には、歯の清掃状態を観察し、専用の機器を使ってトータルのクリー ニングをし、時には必要なホームケア(歯磨きや食生活、嗜好品、その他)のアドバイス をしたりします。そのほとんどは歯科衛生士のお仕事です。歯科医師は、歯科衛生士から の報告をもとに、虫歯・歯周病の診査やかみ合わせ等のチェックをします。その結果によ っては、再度、治療としての介入が必要な場合もあります。しかし、定期的な健診を続け ることで、そのリスクもずいぶん下げられます。お口の健康を守るのは、あなたご自身と 担当の歯科衛生士です。歯科医師は「修理屋さん」だと、思っています。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

第174回『日本の医療保険制度について』

日本の国民皆保険は、「いつでも、どこでも必要な医療が受けられる」という優れた制度であり、これは各個人が納める保険料と、税金の一部によって賄(まかな)われています。ところがご存知の通り、日本は現在世界に類を見ない超高齢化社会です。そのため、年々医療・介護費が増大しており、このままでは国民皆保険制度そのものが維持できなくなるという財源的な問題に直面しています。そこで、政府はこれらに対する公費(税金)を

bottom of page