検索
  • 植田 英樹

第38回:『歯医者は長いことかかるしなぁ』

歯医者に通うと、長くかかると思われたことはありませんか?実際治療が長期間になることはありますし、中には年単位になる人もいます。特に重症化するほど、治療は大掛かりになります。

例えばお家のリフォームを考えてみましょう。こまめにメインテナンスをしていれば、壁紙の補修や、塗装のやり直し程度のプチリフォームで済みます。一方、雨漏りやカビの発生があっても放置していると、躯体までやられてしまい、リフォームといえども、ほぼ建て替えと同じになってしまいます。その場合、基礎からやり直しになってしまい、工期も長期になり、費用もかかります。

お家も、お口も、こまめなメインテナンスが大切ですね。



次回は、『「また何かあったら来ます」は、止めませんか?』です。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第53回:『治療した歯は、どのくらいもつの?』その4

ここでは話をシンプルにするために、神経を抜いた歯にセラミッククラウンを被せる治療(いわゆる『さし歯』)をしたと言う前提で考えています。 「治療した歯がどのくらいもつのか」には、「被せ物」の精度を高めるとともに、プラークコントロールが重要であるということをお伝えしてきました。それでは、100%の歯磨きが出来さえすれば、長持ちすると言い切れるのでしょうか? 「被せ物」自体は人工物ですから、完成したもの

第52回:『治療した歯は、どのくらいもつの?』その3

ここでは話をシンプルにするために、神経を抜いた歯にセラミッククラウンを被せる治療(いわゆる『さし歯』)をしたと言う前提で考えています。 前回までに、「神経を抜いた歯」は虫歯になりやすく、例え「被せ物」をしてあってもその“境い目”からご「自身の歯」が虫歯になる可能性はあるということをお伝えしてきました。「被せ物」の精度を高め、“境い目”を限りなく0に近づけることも大切です。 さて、歯周病に関してはど

第51回:『治療した歯は、どのくらいもつの?』その2

ここでは話をシンプルにするために、神経を抜いた歯にセラミッククラウンを被せる治療(いわゆる『さし歯』)をしたと言う前提で考えて行きます。 たまに、『この歯は被せてあるから、虫歯にならないんでしょ』などとおっしゃる方がおられます。確かに「被せ物自体」は人工物ですから虫歯にはなりませんが、被せられているのはご自身の「歯」なのです。被せてあるとはいえ、「被せ物」と「歯」の“境い目”があります。セラミック