ホーム > 予防歯科

予防歯科

予防歯科
適切な治療を行うために
そしてお口の健康を長持ちさせるために…
そのベースになるのが予防

当院で特に力を注いでいるのが“予防歯科”です。
“歯は削ると、二度と元に戻らない”
虫歯になってから治療をするのではなく、虫歯にならないよう予防をすることが1番の方法です。
歯周病が重症化しないように、メインテナンスしていくことも大切な予防です。

『お口の健康を長持ちさせる』。
そのためには、もちろん悪い所を治療しなければなりません。
しかし、適切な治療を行うためには、患者さま自身によるプラークコントロールと、歯科衛生士による細菌バイオフィルムの除去が、まずは必要になります。
汚れた状態のままでは、良い治療ができないからです。
なので、“治療の前に予防から”スタートすることが大切です。
そうして、虫歯や歯周病の治療が終わったならばその良い状態を守らなければなりません。
それには、やはり日々のセルフケア定期的なチェックとメインテナンスが重要です。
つまり、“治療の後も予防”が始まります

予防の主役は、患者さま自身とそれをサポートする歯科衛生士です。

定期健診メインテナンスプログラムの内容

痛くない定期検診

当院の定期健診では、次の様なことを行います。

●虫歯や歯周病の原因となっているプラーク、バイオフィルム、歯石等を、専用の器具を使って
 除去します。それがPMTCです。メインテナンスは痛くありません。
 むしろキレイになって気持ちいいです。
 また歯のエナメル質を強化するフッ素塗布は虫歯予防につながります。

●咬みあわせやナイトガードの必要性をチェックします。

●お子さまの場合、歯並びのチェックや虫歯予防のシーラントなども行い、健全な永久歯列を
 目指します。

●「デンタルテン」にて作成された詳細な診断書をお渡し、患者さまにご自身の口腔内環境を
 より詳しく知っていただきます。

●どういった予防、どういった毎日のケアが効果的かをアドバイスさせて頂きます。
 また、今後起こり得るリスクやそのときの対応なども説明いたします。

この定期健診でのチェックメインテナンスは、治療後の快適な状態を維持する上でもとても重要です。
また、もし新たな治療介入が必要になったとしても、最小限に抑えられる可能性が高いです。

予防歯科は、患者さまにとって効果を実感しにくいものなのかもしれません。
しかし、この様な定期健診を継続的に受けることで「健康な歯を長持ちさせられる」というデータが、実際にあります。

3~6ヶ月に一度楽しく通って頂けるよう、サポートしていきたいと思っています。

PMTCについて

メンテナンスの重要性

●PMTC
PMTC(ピーエムティーシー)とは、虫歯・歯周病の予防、歯質の強化が期待できる予防方法のうちの一つです。専用の器具を用いて、ブラッシング等では落とし切れない汚れを除去します。
① 虫歯の予防
 プラーク付着の原因となるバイオフィルムを
 除去し、虫歯を予防します。

② 歯周病・歯肉炎の改善
 バイオフィルムは、歯周病の原因になります。
 歯間、歯周ポケットなど、ブラッシングではなかなか除去できない箇所のバイオフィルムを
 除去し、歯周病を予防し、歯肉の状態を改善します。

③ 歯質強化
 カルシウム補給剤やフッ化物入りのペーストを塗布することで、歯の石灰化を促進させ
 歯質を向上・強化します。

④ 歯の健康的な美しさを取り戻す
 歯の表面をきれいにします。ヤニ・黄ばみを除去し、光沢のある歯面を取り戻せます。