無痛治療

無痛治療のために…

痛くなってから歯科医院に行くという方も多いかもしれません。
でもそうすると“痛い治療”になりやすいということをご存知でしょうか?
理由は、痛みがある場合……
1、麻酔が効きにくい
痛みがある部位は、酸性になっているからです。

2、麻酔が痛い
腫れている所への注射は痛いですね。

3、麻酔が切れやすい
局所に炎症が起こっていると、切れるのが早いです。

ですから無痛治療のためのポイントは、実は『痛くない時に治療を受ける』ことなのです。

MI(ミニマルインターベーション)の考えに基づいた治療であれば、必然的に痛みは抑えられます
削る量が少ないということは、削る深さ、範囲も抑えられるからです。

当院ではそれに加え、麻酔の際の痛みにも配慮しております。
少しでも患者さまに快適に治療を受けていただくため、さまざまな角度から痛みの緩和に努めています。

1、表面麻酔
表面麻酔

表面麻酔とは、注射をする直前に、歯ぐきの表面に塗布する麻酔薬のことです。(バナナの香り付き)
塗り薬ですので、痛みはまったくありません
塗布したところを痺れさせ、針が挿入される瞬間の痛みを和らげます。

2、電動注射器
電動注射器
37℃の注射液

麻酔の際の痛みを和らげる効果の高い機器です。
麻酔薬の注入を電動で行うことで、ゆっくりと、一定の速度での注射が可能です。
人の手による注射では避けられない僅かなブレや速度の乱れがありません。

また麻酔薬をあらかじめ37℃に温めておくことで、麻酔薬が注入された際の刺激を和らげます
指先で触れる冷たいものや熱いものに刺激を感じるように、液も体温から離れた温度であれば刺激となるからです。

3、ペインレス
ペインレス

ペン型の小型の機器です。
細かな振動を歯ぐきに与えることで局所の感覚を
鈍らせ、また患者さまの意識を注射針から逸らします
特にお子さまへの治療の際に有効です。