ホーム > 一般歯科

一般歯科

一般歯科・小児歯科
患者さま一人一人に合わせて、痛みの少ない治療を。

一般歯科

虫歯治療
MI(ミニマルインターベーション)という考え方

当院では、「健康な歯をなるべく削らない」というMI(ミニマルインターベーション)の考えを元に治療にあたります。
虫歯は、小さなうちに発見できると治療になっても簡単に済みます。
逆に大きくなったり、痛みだしてからだと治療も
複雑になり、また回数もかかります。
歯は、できるだけ削らない方が長持ちします。
そのためにも定期健診は大切です。
虫歯治療の際も、まずは歯のクリーニングを行い、キレイになってから行っていきます。

虫歯の進行
予約~来院

C0 健康な歯です
 

予約~来院

C1
【症状】
痛みはありません。
【治療法】
歯を削らず、樹脂などで埋めます。
 


 

 
初診
C2

【症状】
冷たい飲み物や食べ物がしみることがあります。
【治療法】
虫歯部分を少し削り、詰め物を詰めます。

初診

C3
【症状】
虫歯が神経に達しています。
ズキズキと痛みが出て、冷たいものだけでなく、温かいものでも痛みを感じます。
【治療法】
神経の処置が必要となります。
虫歯の箇所と神経を取り除き、数回消毒した上で、薬を詰めます。その後、金属やセラミックスなどを被せます。

1回目の来院

C4
【症状】
歯の根だけが残っている状態です。
歯ぐきが膿んで腫れていたりほっぺたが腫れることもあります。
【治療法】
この状態の場合は、ほとんどが抜歯になる可能性があります。
歯は、一度削ると元の歯に戻ることはありません。
そのため当院では、歯を削る量を最小限に抑え、今ある歯をできる限り残すよう治療を行います。

歯周病治療
歯周病治療

歯周病といえば、中高年がかかる病気と考えがちですが、遺伝や環境によっては20代であっても進行しています。
成人の内、80%の方が歯周病だと言われています。また、歯を失う大きな原因でもあります。
歯周病の治療もまた、軽症の方が治療も楽で、
その予後も良好
です。

しかし、重症になれば治療も複雑になる上、治療期間も長くなり、場合によっては歯周外科治療をしたり、または歯を抜かなければならないこともあります。
歯周病の治療も、まずは患者さまにご自身の状態を知ってもらい、歯のクリーニングから始めていきます。
それから歯科衛生士による歯周基本治療を段階的に進めていきます。

歯周病は、いったん治まっても再発しやすい病気なので、上手に付き合っていく必要があります。
なので、少しでも長くご自身の歯を守るためには、毎日のセルフケア定期的なメインテナンスが重要なのです。

歯周病の進行
歯ぐきが炎症している状態

G 歯肉炎
歯ぐきが炎症している状態です。

軽度歯周病

P1 軽度歯周病
歯周ポケットが3mm程度になります。

中度歯周病 P2 中度歯周病
歯周ポケットも4~5mmと深くなります。
重度歯周病

P3 重度歯周病
歯周ポケットが6mm以上となり、歯がグラグラと揺れ始めます。

歯周病治療