一般歯科・小児歯科 のコピー

一般歯科・小児歯科
患者さま一人一人に合わせて、痛みの少ない治療を。

一般歯科

虫歯治療
MI(ミニマルインターベーション)という考え方

当院では、「健康な歯をなるべく削らない」というMI(ミニマルインターベーション)の考えを元に治療にあたります。
虫歯は、小さなうちに発見できると治療になっても簡単に済みます。
逆に大きくなったり、痛みだしてからだと治療も
複雑になり、また回数もかかります。
歯は、できるだけ削らない方が長持ちします。
そのためにも定期健診は大切です。
虫歯治療の際も、まずは歯のクリーニングを行い、キレイになってから行っていきます。

虫歯の進行
予約~来院

C0 健康な歯です
 

予約~来院

C1
【症状】
痛みはありません。
【治療法】
歯を削らず、樹脂などで埋めます。
 


 

 
初診
C2

【症状】
冷たい飲み物や食べ物がしみることがあります。
【治療法】
虫歯部分を少し削り、詰め物を詰めます。

初診

C3
【症状】
虫歯が神経に達しています。
ズキズキと痛みが出て、冷たいものだけでなく、温かいものでも痛みを感じます。
【治療法】
神経の処置が必要となります。
虫歯の箇所と神経を取り除き、数回消毒した上で、薬を詰めます。その後、金属やセラミックスなどを被せます。

1回目の来院

C4
【症状】
歯の根だけが残っている状態です。
歯ぐきが膿んで腫れていたりほっぺたが腫れることもあります。
【治療法】
この状態の場合は、ほとんどが抜歯になる可能性があります。
歯は、一度削ると元の歯に戻ることはありません。
そのため当院では、歯を削る量を最小限に抑え、今ある歯をできる限り残すよう治療を行います。

歯周病治療
歯周病治療

歯周病といえば、中高年がかかる病気と考えがちですが、遺伝や環境によっては20代であっても進行しています。
成人の内、80%の方が歯周病だと言われています。また、歯を失う大きな原因でもあります。
歯周病の治療もまた、軽症の方が治療も楽で、
その予後も良好
です。

しかし、重症になれば治療も複雑になる上、治療期間も長くなり、場合によっては歯周外科治療をしたり、または歯を抜かなければならないこともあります。
歯周病の治療も、まずは患者さまにご自身の状態を知ってもらい、歯のクリーニングから始めていきます。
それから歯科衛生士による歯周基本治療を段階的に進めていきます。

歯周病は、いったん治まっても再発しやすい病気なので、上手に付き合っていく必要があります。
なので、少しでも長くご自身の歯を守るためには、毎日のセルフケア定期的なメインテナンスが重要なのです。

歯周病の進行
歯ぐきが炎症している状態

G 歯肉炎
歯ぐきが炎症している状態です。

軽度歯周病

P1 軽度歯周病
歯周ポケットが3mm程度になります。

中度歯周病 P2 中度歯周病
歯周ポケットも4~5mmと深くなります。
重度歯周病

P3 重度歯周病
歯周ポケットが6mm以上となり、歯がグラグラと揺れ始めます。

歯周病治療


 

小児歯科

お子さまの虫歯治療と歯周病治療
患者さまがお子さまであっても、納得していただいてから治療に

虫歯に関していえば、大人も子どもも治療内容は大きく変わりません。
しかし特に小さなお子さまの場合、怖がってなかなか治療に入れなかったり、泣きやんでくれなかったり、ということもあります。

当院では、お子さまの意思に反して無理矢理治療するようなことはにいたしません。
急いで詰める治療よりも、まずは虫歯をつくらないための予防の方が大切だと考えているからです。

そうして少しずつコミュニケーションを取りながら、治療に前向きになってから、信頼関係を持って治療に入ります

また、お子さまにも歯周病はありますが、多くの場合“歯周炎”の段階で発見されます。丁寧な仕上げ磨きと歯科衛生士によるクリーニングで改善するケースがほとんどです。

※治療を頑張ったお子さまにはガチャガチャを回すためのコインをプレゼントしております♪

お子さまの予防歯科
患者さまがお子さまであっても、納得していただいてから治療に

お子さまの口の中では、乳歯から永久歯へと大きな変化が起こっています。歯磨きもしにくい時期もあります。小さな乳歯や生えたても永久歯は虫歯になりやすいものです。
小さい頃から定期健診にて予防することで健全な永久歯列が得られます。このことはお子さまの将来にとって、大きな財産です。

他にも下記の予防法を行っております。
フッ素塗布…フッ素塗布でお子さまの歯を強化します。虫歯予防に効果的です。
シーラント…虫歯予防のために奥歯の溝をフッ素入りの樹脂で埋めます。

乳歯が生えたら、すぐに歯磨きを始めましょう。また、虫歯菌の母子感染を防ぐために、
お母さまも定期的にPMTCを受けられることをオススメいたします。

お子さまの矯正治療
お子さまの矯正治療

「矯正治療は最高の予防処置」だと、当院は考えております。

むし歯や歯周病の予防において、最も大切なのがご家庭での毎日のブラッシングです。
また、矯正治療中は特に厳しく歯磨きをチェックしていきます。
ブラッシングの習慣を、この時期につけておくことにもなるので、将来的な予防にもつながります。
ブラッシングを正しく行うためには、きれいな歯並びであるに越したことはありません。

お子さまの矯正治療をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

無痛治療のために…

痛くなってから歯科医院に行くという方も多いかもしれません。
でもそうすると“痛い治療”になりやすいということをご存知でしょうか?
理由は、痛みがある場合……
1、麻酔が効きにくい
痛みがある部位は、酸性になっているからです。

2、麻酔が痛い
腫れている所への注射は痛いですね。

3、麻酔が切れやすい
局所に炎症が起こっていると、切れるのが早いです。

ですから無痛治療のためのポイントは、実は『痛くない時に治療を受ける』ことなのです。

MI(ミニマルインターベーション)の考えに基づいた治療であれば、必然的に痛みは抑えられます
削る量が少ないということは、削る深さ、範囲も抑えられるからです。

当院ではそれに加え、麻酔の際の痛みにも配慮しております。
少しでも患者さまに快適に治療を受けていただくため、さまざまな角度から痛みの緩和に努めています。

1、表面麻酔
表面麻酔

表面麻酔とは、注射をする直前に、歯ぐきの表面に塗布する麻酔薬のことです。(バナナの香り付き)
塗り薬ですので、痛みはまったくありません
塗布したところを痺れさせ、針が挿入される瞬間の痛みを和らげます。

2、電動注射器
電動注射器
37℃の注射液

麻酔の際の痛みを和らげる効果の高い機器です。
麻酔薬の注入を電動で行うことで、ゆっくりと、一定の速度での注射が可能です。
人の手による注射では避けられない僅かなブレや速度の乱れがありません。

また麻酔薬をあらかじめ37℃に温めておくことで、麻酔薬が注入された際の刺激を和らげます
指先で触れる冷たいものや熱いものに刺激を感じるように、液も体温から離れた温度であれば刺激となるからです。

3、ペインレス
ペインレス

ペン型の小型の機器です。
細かな振動を歯ぐきに与えることで局所の感覚を
鈍らせ、また患者さまの意識を注射針から逸らします
特にお子さまへの治療の際に有効です。